スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

Seirēn 2 (へギュ)



1話目はこちらです。





20170516182638df1.png










冬は、かなり冷えるこの土地に、また遅い春がやってきた。

桜、桃、雪柳、水仙、芝桜……春から夏までの間が、他の土地より少し短いせいか、次々と競うように咲き誇り、散り急ぐ。


俺は、花たちが忙しなく生き急いでいるような、この季節が嫌いだ。

移り変わろうとしている季節の中で、自分だけは何も変わらず、ただ、ここで生かされている事を思い知るだけだから………







ここで暮らし始めて、4年目の春。

ここに居る理由、それは……一度も会ったことのない、父親だという男の望みだから。



町一番の金満家で、有名政治家の落とし胤…ドラマにでも出てきそうな設定だが、そんなドラマティックなものではなく、気まぐれに手を出した女に子供ができたことを知った男が、スキャンダルを恐れて、病気がちの母親の面倒一切を引き受ける代わりに、息子の俺をここに追いやった。

病気の母親を、都会の有名な病院で万全の看護を受けさせるか、無理をさせて見殺しにするか、選べ……と、その男の秘書と名乗る男が言ったのは、俺が12歳、小学生の頃のことだった。

俺は迷うことなく母親を助ける道を選び、ここに来ることになった………まあ、そんなところだ。


最初は、警戒されていたのか逃げないように見張りがいたが、何処へ行く事もなく、ひっそりと暮らしている俺を、そのうち放っておくようになった。

俺にしてみれば、母親のこともあるし、ここから出たところで、行く当てなんて何処にも無いのだから、ここで構わなかった。勉強は家庭教師をつけてくれたし、近所なら一人で買い物にも行けた。お金に困ることもないし、身の回りの事は通いの家政婦さんがしてくれた。






だから、それで構わないと……そう思っていたんだ……


彼が、俺の前に現れるまではーーー











舞い散る桜を見上げていると、



「おー、キュヒョナ居るかー?」



大声で名前を呼ばれた。

振り向くと、ドンヘが手を上げて歩いてくる。



「……不法侵入だって、何回言ったら分かるんですか?」


「えー!いいじゃん。別に」


「良くない!大体、何で、毎日毎日飽きもせず来るんですか?暇なんですか?」


「うーん。そんな暇じゃないけど……ここの庭の写真撮りたいし」


「もっと綺麗な所が沢山あるでしょう?そっち行って下さい!」


「いーやーだ」



ドンヘは、いーだ、と顔をしかめながら、定位置化している大きな石の上に腰掛けた。



帰る気、無いな……



ハァ、と聞こえるように、大きくため息をついてみせる。



「もう……お好きにどうぞ。俺は戻るんで」



家に向かって歩き出そうとすると、



「ちょっ…!待って!」



慌てたドンヘに腕を掴まれた。

まだ何かあるのか?と嫌そうな顔をすると、



「キュヒョナに会いたくて来てんだから!」



なんて言い出した。



……はぁ?会いたいって、俺に?



「意味わかんないんだけど……」


「キュヒョナに会いたいから来てんの!」


「だから何で?」


「んー?」



ドンヘは困ったように、自分の首筋を何度も触って考え込んで、



「…………何となく?」



出した答えがソレですか……



呆れていると、ドンヘは掴んでいた俺の腕を引いて、自分が座っている場所の隣に引き寄せた。



「その……ほら!友達に会いに来るのは、理由になるだろ?」



グイッと肩を組んでくると、弾けるような笑顔を向けてくる。



「友達?誰と誰が?」



友達認定したつもりもないし、されなくて結構だ



冷たく言い切ると、



「俺は、友達だって思ってる。キュヒョナのこと…………好きだし」



ドンヘは苦笑いをしながら、肩に回した手に力を込めた。



「…それは……どうも」


「だからさ……キュヒョナも、俺のこと好きになってよ?」



どう返事をしていいか分からなくて、俯いてしまう。



「ゆっくりでいいからさ……」



ドンヘの声が、なんとなく寂しそうに聞こえて……胸がチクリと痛んだ。















linkがひと段落したので、少しだけ他の方のFF小説を読んだりしてました(๑>◡<๑)
いろいろ充電してました。音沙汰なくてすみませんm(_ _)m

その時に、えっらい男前のドンヘに出会いまして…「おお!ドンヘがナムジャ、ナムジャしてる!」と感激しまして、しかも、キュヒョンに『抱かせろ』とまで言ってました。カッコいい(//∇//) もう素敵だったので、是非ここでも、男前のドンヘをと思い立ったところ、企画でいただいたへギュがあるので、続きを!と思ったのですが……なんか、ちょっと優しすぎて『抱かせろ』は無理そうです。高校生設定だからかな。

ちょっと最初の説明が長いです。へギュです!キュへっぽいかもしれませんが、へギュです!めげないドンヘです。頑張れ!


ランキング参加してます。ポチッと(^人^)よろしくお願いします。
↓ ↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村

気に入っていただけたら、こちらも是非(>人<;)お願いします。
↓ ↓
関連記事
スポンサーサイト

 特別企画

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/16 (Tue) 23:23 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。